男はしゃくれてるくらいがちょうどいい。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  シンパシー  2007.11.04.Sun / 16:46 
011-1.jpg 土曜の朝から葛西臨海公園でフリスビーをした。
最近の週末は、めっぽう夜遊びばっかりで昼間に外に出たことがなかったので、たまには健康的に体を動かしてみるかということでなぜかフリスビー。大学のときにキャンプかなんかでやったぶりか・・・やった記憶さえ定かじゃない。

子供のとき、世界一飛ぶフリスビーってやつがめちゃくちゃ欲しかったのを覚えてる。フリスビーを楽しみに、前日は飲んで朝帰りせずに帰った。

(写真:葛西臨海公園にかかる橋)
公園の広い場所に到着。

周りじゃ某家電メーカーの家族ピクニックやってたり、どっかの大学のサークルがBBQの準備しながらはしゃいでたり、あったかい家族連れであふれていたり、休みの日の公園ってこんな賑わっているとは、みんな本当に楽しそう。

さっそくフリスビー開始!!

投げたときの慣れない感触で、フリスビーは右にそれていく・・・何回か投げ合ってみる。ちょっとコツつかむ。また投げて、捕って投げる。

で、心に芽生える感情。

「おい、フリスビーよ。どうした?お前はもっとできるやつやろ。もっともっとオレにHappyでExitingな時間を与えてくれるFunkyなやつじゃなかったのか!その中央に描かれたパタゴニアのロゴはそんなつまらないやつに与えられる称号じゃないはず。さぁもっとぶつかって来いよ!!」

またフリスビーを投げる。また、右にそれる。

「ちょっと休憩。」
そのままフリスビーが手にされることは2度となかった。。。フリスビー時間、約4分。

「フリスビーよ。悪かったな。オレが君に多くを求めすぎてたようだ。ちょっとした最初の印象だけで勝手にイメージを作り上げられて、いざ、遊んでみたらやっぱりしょうもないやつやったなんて言われても困るよな。良さを引き出せなかったオレが悪かったんやよな。これからも多くの人間を楽しませてくれよ!」

子供の頃、あんな楽しかったことが、何で大人になると楽しめなくなってしまうのか。

かばんに仕舞われたフリスビーに妙なシンパシーを感じながら公園を跡にし、夜の渋谷へとくり出した。
スポンサーサイト
No.88 / 遊の噺 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

プロフィール

Mr.Smirnoff

Author:Mr.Smirnoff
1980年生まれ。建築関係。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recomend

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

Apple Store

BOSEショップオンライン

logo_120_60

nextmaruni-Sean Yoo_2

Logo_blue_120x60

basic_white_logo01

SEMPRE



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。