男はしゃくれてるくらいがちょうどいい。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  中村軒の麦代餅(むぎてもち)とふたばの豆餅  2006.01.10.Tue / 01:36 
京都の和菓子といえば、職人の細かい細工が施された生菓子が有名ですが、昔から庶民に親しまれる有名な和菓子があります。その中で私のお気に入りな和菓子が中村軒の麦代餅(むぎてもち)とふたばの豆餅です。どちらも素朴な味わいが魅力の和菓子です.

2年程前から京都は桂に住まう私ですが、桂離宮前にある和菓子の老舗「中村軒」で麦代餅(むぎてもち)をこの正月に初めていただきました。

01-2.jpg


粒あんをやわらかいお餅で包み、その上からきな粉がかけられたお菓子です。お餅の食感がと粒あんの素朴な甘さがたまらない一品。結構なボリュームがあって1個280円。ミニサイズもあります。

あと京都の餅菓子と言えば、出町柳にあるふたばの豆餅が有名です。以前私が行った時も行列ができていました。高島屋京都店でも売ってます。私が行った時はもう売り切れてありませんでしたが・・・

futaba-2.jpeg


こちらはこしあんで周りを包むお餅の中に少し塩味のきいた豆が入っています。こちらは豆とお餅の素朴な味わいが堪能できます。1個160円です。豆大福ではなく豆餅というだけあって分厚い餅の食感がたまりません。(ちなみにもち米を乾燥させ粉状にした餅粉に砂糖を混ぜて練り上げられた生地で作られるのが大福。餅粉に対する砂糖の量を増やすと硬くなりにくく日持ちがする。)

このどちらも餅菓子ということで作られたその日のうちに食べてしまわないと硬くなっておいしさが失われてしまいますので、贈答用には不向きです。京都に来ないと食べられない品です。

旅館トップ
スポンサーサイト
テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行
No.45 / 食の噺 /  comments(1)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from lestrois -

京都に行くとついつい買いたくなる豆餅。ちょうど良い甘さと、お餅の食感がたまらないですね(^^)
京都の情報を、これからもいろいろ教えてくださいね。私のブログにもぜひ遊びにきてくださいね。

2006.01.20.Fri / 11:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY
京の生菓子で有名な「出町ふたば」の豆餅を隣の同僚さんが京都の取材帰りに買ってきてくれました{/heartss_pink/}創業明治32年、100年の歴史を誇る和菓子。いまだに行列が絶えない名店。写真は豆餅。少し塩気のある豆とあっさりとした上品なこし餡の絶妙な組み合わせがたま
2006.01.20.Fri .No19 / 古き新らし京都を歩く / PAGE TOP△

プロフィール

Mr.Smirnoff

Author:Mr.Smirnoff
1980年生まれ。建築関係。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recomend

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

Apple Store

BOSEショップオンライン

logo_120_60

nextmaruni-Sean Yoo_2

Logo_blue_120x60

basic_white_logo01

SEMPRE



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。